研究発表ACTIVITY

2020年度

  • 正田孝平,宮崎祐介,西田佳史,北村光司,深度情報を用いた日常生活空間内の三次元把持動作推定による身体機能の定量理解,第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会
  • Jon Farmer, Séan Mitchell, Paul Sherratt and Yusuke Miyazaki,The Effect of Neck Stiffness on the Response of a Surrogate Head due to Blunt Trauma in Judo, Proceedings of IRCOBI conference2020
  • 宮崎 祐介,杉崎 塁,川崎 美玖,佐保 泰明,立石 智彦,サッカー動作における第5中足骨ひずみ分布に対する足底圧分布の影響,シンポジウム:スポーツ工学・ヒューマンダイナミクス2020
  • Nomura O, Miyazaki Y, Takei H, Terauchi M, Kishibe S, Hagiwara Y, Kitamura K, Nishida Y, Yamanaka T. Complete Republication: Fall Injury while the Parent Is Operating a Bicycle with an Infant in a Baby Carrier. JMA J. 2020;3(4):330-339.
  • K. Otsuka, K. Sakamoto, Y. Miyazaki, F. Sato, K. Kitamura, Construction of Injury Prediction Model Using Random Forest Algorithm with Resampling Methods for Imbalanced Accident Data, , Student Research Symposium of AAAM2020
  • H. Yamamoto, Y. Miyazaki,S.Awamori, A. Kokeguchi,I. Amamori, K. Yoshii, Development of a Method to Measure Intracranial Brain Motion of a Novel Anthropometric Test Dummy Head using 6DOF Sensors, Student Research Symposium of AAAM2020
  •  Y.Miyazaki, J.Farmer, M.Morimatsu, S. Ito, S.Mitchell, P.Sherratt, Brain pressure wave propagation during baseball impact, Proceedings 2020, 49(1), 149;
  • Fujiwara, T., Isumi, A., Sampei, M. et al. Effectiveness of an Educational Video in Maternity Wards to Prevent Self-Reported Shaking and Smothering during the First Week of Age: A Cluster Randomized Controlled Trial. Prev Sci (2020). https://doi.org/10.1007/s11121-020-01145-z
  • Y.HASEGAWA, T.KAWASAKI, Y.MIYAZAKI,S. SOBUE, T. KAKETA, Y. GONDA, K. KANEKO, Changes of the Cervical Spine in Response to Head-first Impact in Rugby: A Finite Element Analysis, ,Juntendo Medical Journal,(2020)
  • 石津雄大,宮崎祐介, Farmer Jon, Mitchell Sean,Sheratt Paul,野球ボール衝突時に発生する脳内ひずみ因子に対する衝突位 置の影響の調査,2020年度日本機械学会年次大会講演論文集(2020)
  • 宇治橋貞幸,宮崎祐介,衝撃力学,コロナ社(2020)

2019年度

  • Y.Miyazaki, K.Iida, M. Nakashima, T. Maruyama, K. Yamanobe, Measurement of push-rim forces during racing wheelchair propulsion using a novel attachable force sensor system, Proceedings of the Institution of Mechanical Engineers, Part P: Journal of Sports Engineering and Technology, doi/10.1177/1754337120904260, (2020)
  • Fujiwara T, Isumi A, Sampei M, Yamada F, Miyazaki Y., Effectiveness of using an educational video simulating the anatomical mechanism of shaking and smothering in a home-visit program to prevent self-reported infant abuse: A population-based quasi-experimental study in Japan, Child Abuse & Neglect,Volume 101,2020,
  • F.Sato, Y.Miyazaki, S.Morikawa, A.Ferreiro-Perez, S.Schick, K.Yamazaki, K.Brolin, M. Svensson. (2019) Relationship between cervical, thoracic and lumbar spinal alignments in automotive seated posture. Journal of Biomechanical Engineering, Paper No: BIO-19-1221. DOI: 10.1115/1.4045111.
  • R.Suzuki, M.Omiya, H. Hoshino, T. Kamitani, Y.Miyazaki (2019): Modelling of intracranial behaviour on occiput impact in judo, Computer Methods in Biomechanics and Biomedical Engineering, 22(8):797-805 DOI: 10.1080/10255842.2019.1596262
  • 野村理,宮崎祐介,竹井寛和,寺内真理子,岸部峻,荻原佑亮,北村光司,西田佳史,山中龍宏,保護者の自転車に子守帯を用いて同乗した乳児の外傷,日本小児科学会雑誌123巻5 号839-848 (2019)
  • 明石啓太,山辺芳,白崎啓太,宮崎祐介,三井利仁,車椅子マラソンの平地及び下り坂を走行する際の走行姿勢および走行速度が空気抵抗に与える影響について:風洞実験とシミュレーションから,体育学研究,(2019)
  • Y. Miyazaki, R.Sugizaki, M. Kawasaki1, Y. Saho, T. Tateishi, Influence of Plantar Pressure Distribution Pattern on Fifth Metatarsal Stress Concentration during Soccer Movements, Abstract of APBIOMECH 2019, 00129B,(2019)
  • K. Hirano, K.Kitamura, Y.Nishida, Y.Miyazaki, Individual 3D behavior capture method for elderly people with dementia under everyday life environment with RGBD camera, Proceedings of the 6th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics(2019)
  • K. Hirano, K. Shoda, K. Kitamura, Y. Miyazaki, Y. Nishida , Procedia Computer Science(Procedia Computer Science(Proc of ICTH-2019), Volume 160, Pages 409-416, (2019)
  • 平野景, 北村光司, 宮崎祐介, 西田 佳史, "行動データベースを用いた認知症高齢者によるプロダクトインタラクション挙動の比較検討手法の開発," 日本機械学会 第 32 回バイオエンジニアリング講演会講演論文集, 2D12, 2019
  • 宮崎祐介,森松美樹,伊藤翔大, Jonathan Farmer, Paul Sherratt, Sean Mitchell, 次世代頭部ダミーと有限要素モデルを用いた野球ボール衝突時の頭蓋内脳挙動の検討,シンポジウム:スポーツ工学・ヒューマンダイナミクス2019,C-20,2019
  • 宮崎祐介,Jonathan Farmer,Sean Mitchell,Andy Holand,次世代頭部ダミーを用いた野球ボール衝突時の頭部加速度応答計測,日本機械学会年次大会, J23203,2019

2018年度

  • Y. Miyazaki, K. Ishiwa, M. Kitagawa, M. Ueno, S. Sugimoto, R. Asahi, H. Matsumura, Development of a Rotational Brain Injury Criterion with Consideration of the Direction and Duration of Head Rotational Motion, Proceedings of IRCOBI conference, IRC18-58,(2018)
  • F Sato, Y Miyazaki, M Svensson, K Brolin, K Yamazaki, A Konosu, S Morikawa, A Ferreiro Perez, The Effect of Seat Back Inclination on Spinal Segmental Angles in Automotive Seated Postures, Proceedings of IRCOBI conference, IRC18-24,(2018)
  • R.Sugizaki, Y. Miyazaki1, Y. Saho, T. Tateishi, Finite Element Analysis of Fifth Metatarsal Stress Distribution and Concentration during Soccer Movements, Abstracts of 8th World Congress of Biomechanics. O1474(2018)
  • F. Sato, Y. Miyazaki, A. Konosu, K. Yamazaki, M. Svensson, K. Brolin, S. Morikawa, A. Ferreiro-Perez, Investigating representative whole spinal alignments in a car occupant posture, Abstracts of 8th World Congress of Biomechanics. O0981(2018) (Finalist of ASME BED PhD Student Paper Competition)
  • 宮崎 祐介, 北川 雅隆, 石和 健太郎, 上野 正樹, 杉本 繁,朝日 龍介, 松村 広隆,頭部回転運動の方向と持続時間を考慮した軽度外傷性脳損傷評価指標の提案, 自動車技術会2018 年春季大会 学術講演会 講演予稿集, No.52-18,2018
  • 平野 景,宮崎 祐介,実競技環境における車いす陸上競技選手のストローク動作評価システムに関する研究,日本機械学会年次大会,S2310102,2018

2017年度

  • F.Sato,M.Odani,Y.Miyazaki, K.Yamazaki,J ÖSTH, M.SVENSSON、Effects of whole spine alignment patterns on neck responses in rear end impact, Traffic Injury Prevention, 18(2), 199-206 (2017)
  • Y.Miyazaki, A.Railkar, S Awamori, A Kokeguchi, I Amamori, M Katagiri, K Yoshii, Intracranial Brain Motion Measurement in Frontal Sled Tests by using a New Anthropometric Test Dummy Head Capable pf Direct Brain motion Evaluation and Visualization, Proceedings of IRCOBI conference, IRC-17-45 (2017)
  • F Sato, Y Miyazaki, K Yamazaki, M Svensson, K Brolin,Whole spinal alignment patterns for female and male car occupants, 27th Internatninal course on transpotation planning and safety, (November 2017) (NewDelhi India)
  • 杉﨑塁,宮崎祐介,佐保泰明,立石智彦,有限要素法を用いたサッカーにおける第五中足骨疲労骨折に関わる力学的因子の検討,第28回日本臨床スポーツ医学会,S178,2017
  • 粟森渉哉, 宮崎祐介, 小ヶ口晃, 雨森一朗, 吉井勝司,センサ埋込型次世代頭部ダミーを用いた頭蓋内脳挙動の評価,第30回日本機械学会バイオエンジニアリング講演会,1D04,(2017)
  • 杉﨑塁,宮崎祐介,佐保泰明,立石智彦,サッカーにおける第五中足骨疲労骨折に関する力学的評価指標の検討,スポーツ工学・ヒューマンダイナミクス2017,D-15 2017
  • 岡田 和也,宮崎祐介,紙谷武,柵山尚紀,防護挙動能力評価に向けた受身のスキルマッピングの構築,スポーツ工学・ヒューマンダイナミクス2017,D-17 2017
  • 宮崎祐介 野村理 北村光司 西田佳史,山中龍宏,自転車の運転者に前抱きあるいは背負われた乳児に生じた傷害 第2報 転倒実験,第120回日本小児科学会学術集会,2017
  • 宮崎祐介,人体モデルを活用した統合的傷害バイオメカニクス研究,日本機械学会M&M講演会,2017(基調講演)

2016年度

  • M. Ito, A. Mano, Y. Miyazaki, R. Watanabe, Y. Nishida, Extraction and difference quantification of protective motion in case of indoor infant fall behaviors by multivariate analysis, Journal of Biomechanical Science and Engineering, Vol. 11, No. 3 p. 15-00680 (2016)
  • Sato, F., Odani, M., Endo, Y., Tada, M., Miyazaki, Y., Nakajima, T., Ono, K., Morikawa, S., Svensson, M., Analysis of the alignment of whole Spine in automotive seated and supine postures using an upright open MRI system, International Journal of Automotive Engineering, 7(1),29-35,(2016)
  • 紙谷武,宮崎祐介,稲次基希,大宮正毅,頭部物理モデルを用いた柔道における後頭部衝突時の頭蓋内挙動観察実験,日本臨床スポーツ学会誌,24(3), 443-450, (2016)
  • F. Sato, M. Odani, Y. Miyazaki, T. Nakajima, J. A. Makoshi, K.Yamazaki, K. Ono, M. Svensson, J. Östh, S. Morikawa, S. Schick, A. F. Perez, Investigation of Whole Spine Alignment Patterns in Automotive Seated Posture Using Upright Open MRI System, Proceedings of IRCOBI conference, IRC-16-23 (2016)
  • F. Sato, M.Odani, Y. Miyazaki, K.Yamazaki, J. Östh, M.Svensson, A 50th percentile female occupant FE model with the average spinal alignment pattern for females, Proceedings of AAAM annual meeting(2016)
  • 宮崎祐介,頭部実体モデルを活用した乳幼児頭部外傷メカニズムに関する実験的研究,第29回日本機械学会バイオエンジニアリング講演会,2E15(2017)
  • 畑田泰伸,宮崎祐介,遠藤維,多田充徳,手部有限要素モデルの開発と物体把持シミュレーション,第29回日本機械学会バイオエンジニアリング講演会、2E33(2017)
  • 原澤雄貴,宮崎祐介,上野正樹 ,杉本繁 ,松村広隆,実事故データと事故再現シミュレーションの相互活用による歩行者頭部要因分析,第29回日本機械学会バイオエンジニアリング講演会,1E33(2017)
  • 飯田和希,宮崎祐介,寺門峻,中島求,吉田康行,丸山剛生,山辺芳,陸上競技用車いすのためのセンサーホイールの開発とそれを活用した駆動力計測,シンポジウム:スポーツ工学・ヒューマンダイナミクス2016,U00076,(2016)
  • 粟森渉哉,宮崎祐介,小ヶ口晃,雨森一朗,片桐麻衣佳,次世代頭部ダミーにおける頭蓋内脳挙動の直接評価法の開発,J0290101,日本機械学会年次大会2016(2016)
  • 岡田和也,宮崎祐介,佐藤勝重,稲次基希,ラット脳実質ひずみ分布の活動電位伝達への影響に関する研究,J0290103,日本機械学会年次大会2016(2016)
  • 原澤雄貴,宮崎祐介,上野正樹,杉本繁,朝日龍介,衝突形態別解析に基づく脳深部損傷機序とその評価指標の検討,自動車技術会2016年春季大会 学術講演会 講演予稿集,20165110,

2015年度

  • 宮崎祐介,頭蓋内挙動の可視化に基づく乳幼児揺さぶられ症候群のメカニズム,脳神経外科ジャーナル,24,468-476,(2015)
  • M.Odani, F.Sato, Y.Miyazaki, ANALYSIS OF SPINAL ALIGNMENT PATTERN OF OCCUPANTS OBTAINED BY UPRIGHT OPEN MRI METHOD, Proceedings of 8th Asia-Pacific Conference on Biomechanics (2015)
  • Railkar A., Otake Y., Miyazaki Y., Kokeguchi A., Amamori I., Katagiri M., Development of New Anthropometric Dummy Head Capable of Brain Injury Evaluation and Visualization, Proceedings of The 8th Asian-Pacific Conference on Biomechanics (2015)
  • T.Kamitani, Y.Miyazaki, M.Inaji, M.Omiya, Observations of Intracranial Behaviour during Occipital Collisions in Judo using Physical Head Model, Proceedings of 8th Asia-Pacific Conference on Biomechanics (2015)
  • Y.Miyazaki, MECHANISM OF SHEAR DEFORMATION OF DEEP BRAIN DURING ROTATIONAL HEAD MOTION OBSERVED IN A THREE DIMENSIONAL PHYSICAL HEAD MODEL, Abstract of International Society of Biomechanics(2015)
  • M. Ito, A.Mano, Y. Miyazaki,R.Watanabe,Y.Nishida, EXTRACTION OF PROTECTIVE REACTION IN CASES OF INDOOR FALL BEHAVIORS USING CHANGE POINT DETECTION METHODS, ISB 2015
  • F.Sato, M.Odani, Y. Endo, M. Tada, Y. Miyazaki, T. Nakajima, K. Ono, S. Morikawa, M. Svensson, WHOLE SPINE ALIGNMENT IN AUTOMOTIVE SEATED AND SUPINE POSTURES BY USING AN UPRIGHT OPEN MRI SYSTEM, ISB 2015
  • 小谷麻美子,佐藤房子,宮崎祐介,縦型オープンMRIデータに基づく着座時の代表脊椎アライメントの推定,第28回日本機械学会バイオエンジニアリング講演会(2016)
  • 内田忠宏,宮崎祐介,立石智彦,結城新,森安健太,三浦亜友,サッカー動作計測による第5中足骨骨折メカニズムの検討,日本機械学会シンポジウム:スポーツ工学・ヒューマンダイナミクス2015(2015)
  • 原澤雄貴,宮崎祐介,上野正樹,杉本繁,朝日龍介,自動車乗員の脳深部ひずみに対する交通事故形態の影響,日本機械学会2015年度年次大会(2015)
  • 畑田泰伸,宮崎祐介,北岡哲子,矢野隆一,赤間啓之,fMRI を用いた触覚刺激による癒しに関する研究,日本機械学会2015年度年次大会(2015)
  • 伊藤雅人, 間野暁,宮崎祐介,渡邊竜司,西田佳史,室内転倒挙動の多変量解析による防護挙動の抽出と差異の定量化,日本機械学会D&Dconference2015(2015)
  • F.Sato, M.Odani, Y.Endo, M.Tada, Y.Miyazaki, T.Nakajima, S.morikawa, M.Svensson, Analysis of the Alignment of Whole Spine in Automotive Seated and Supine Postures Using an Upright Open MRI System, 2015年自動車技術会春季学術講演会(2015)
  • 宮崎祐介,モーションキャプチャによるシューズ内第5中足骨挙動の計測,第7回JONES骨折研究会,2015(招待講演)
  • 宮崎祐介,人体有限要素モデルおよび実体モデルを活用した傷害バイオメカニクス研究,LS-DYNA&JSTAMPフォーラム2015(招待講演)
  • 宮崎祐介,乳幼児揺さぶられ症候群の力学的発生機序,第71 回日本弱視斜視学会総会・第40 回日本小児眼科学会,(2015)(招待講演)
  • 宮崎祐介,人体モデルを活用したエスカレーター事故の原因分析,電子情報通信学会安全性研究会(2015)(招待講演)

2014年度

  • 立矢 宏,内島大作,元谷達郎,鶴岡宗治,藤田圭伍,宮崎 祐介: パラレルワイヤ駆動機構を用いた立位バランス能力の測定, 日本機械学会論文集,81-821号(2015-1), DOI: 10.1299/transjsme.14-00133.
  • Y.Miyazaki、Differences of the Brain Injury Mechanism between Violent Shaking and Low Height Fall Scenarios, WCB2014
  • Y. MIYAZAKI, A. MANO, Y. NISHIDA, Biomechanical Evaluation of Protective Reaction for Children based on the Analysis of Falling Behavior Captured in a Daily Living Environment, Proceedings of 3rd International Digital Human Modeling Symposium, 51,2014
  • 間野曉,伊藤雅人,宮崎祐介,渡邊竜司,西田佳史,室内転倒挙動の時間分節化による防護反応の抽出と分析,日本機械学会第27回バイオエンジニアリング講演会2015(2015)
  • 三浦祐司,宮崎祐介,林志保里,稲次基希,佐藤勝重,ラット脳実質ひずみの活動電位伝達への影響,日本機械学会第27回バイオエンジニアリング講演会(2015)
  • 小谷麻美子,宮崎祐介,回転性脳損傷に関わる頭蓋内構造因子の検討,日本機械学会2014年度年次大会(2014)
  • 内田忠宏,宮崎祐介,三浦祐司,宇治橋貞幸,深谷敬,堂免弘樹,奥山敏郎,前田雅史,車載センサデータに基づく事故時の車体変形判別手法の構築,2014年自動車技術会春季大会学術講演会(2014)
  • 宮崎祐介,AHTの力学的メカニズム,第28回日本小児救急医学会学術集会(2014)(招待講演)
  • 宮崎祐介,頭蓋内挙動の可視化に基づく乳幼児揺さぶられ症候群のメカニズム,第34回日本脳神経外科コングレス(2014)(招待講演)
  • 宮崎祐介,人体モデルを活用した時空間統合傷害バイオメカニクス, デジタルヒューマン技術協議会(2014)(招待講演)
  • 宮崎祐介,小児急性硬膜下血腫のメカニズム,第13回宮城頭部外傷研究会(2014)(招待講演)
  • 子ども計測ハンドブック,朝倉書店(2014)

2013年度

  • H.Kakara, Y.Nishida,S. M. Yoon,Y. Miyazaki,Y. Koizumi, H.Mizoguchi, T. Yamanaka, Development of childhood fall motion database and browser based on behavior measurements,Accident Analysis & Prevention 59, 432–442(2013)
  • 小泉喜典, 高野太刀雄, 荻本晴樹, 西田佳史, 宮崎祐介, 岩瀬博太郎, 山中龍宏, 溝口博, 頭蓋骨形状を考慮した生体力学試験システムと小人の頭蓋骨の力学特性値の計測, 材料試験技術, (2013), 27-34
  • Koizumi, T., Tsujiuchi, N., Hara, K., Miyazaki, Y., Dynamic response and damage estimation of infant brain for vibration, Conference Proceedings of the Society for Experimental Mechanics Series, 11-18
  • 宮崎祐介,回転性脳損傷の発生メカニズムと傷害基準に関する検討,日本機械学会第26回バイオエンジニアリング講演会,(2014)
  • 三浦祐司,宮崎祐介,片桐麻衣佳,深谷敬,伊藤敬一,車体変形量に基づく側面衝突時の傷害予測手法,2013年自動車技術会秋季大会学術講演会(2013)
  • 宮崎祐介,精密頭部実体モデルによる回転性脳損傷メカニズムの検討,2013年自動車技術会秋季大会学術講演会(2013)
  • 宮崎祐介,生体力学手法による受傷状況再現と脳損傷メカニズムの検討,安全工学シンポジウム2013,(2013)
  • 間野曉,宮崎祐介,林諒,加唐寛征,西田佳史,乳幼児の転倒挙動解析に基づく防護反応の生体力学的評価,日本機械学会D&Dconference 2013(2013)
  • 宮崎祐介,山崎麻美,埜中正博,岩瀬博太郎,西田佳史,山中龍宏,家庭内事故による小児急性硬膜下血腫発生メカニズムの検討,日本機械学会年次大会DVD-ROM講演論文集(2013)
  • 片桐麻衣佳,宮崎祐介,宇治橋貞幸,深谷敬,伊藤敬一,鈴木祐之,奥山敏郎,前面衝突時の車両加速度波形の分類に基づく傷害予測,2013年自動車技術会春季大会学術講演会(2013)
  • 宮崎祐介:頭部外傷-工学的知見から-,第72回日本脳神経外科学会,(2013)(招待講演)
  • 宮崎祐介,「AHTの最新知見」,第5回日本子ども虐待医学研究会学術集会(2013)(招待講演)
  • 宮崎祐介:実体モデルによる回転性脳損傷メカニズムの検討;第49回日本交通科学学会総会,(2013)(招待講演)
  • 宮崎祐介,乳幼児揺さぶられ症候群のメカニズム,第41回日本小児神経外科学会,(2013)(招待講演)
  • 宮崎祐介,人体モデルを活用した時空間統合傷害バイオメカニクス研究,日本機械学会D&D conference 2013,(2013)(基調講演)
  • 宮崎祐介,精密頭部実体モデルを用いた急性硬膜下血腫発生メカニズムの検討,第36回日本脳神経外傷学会,(2013) (招待講演)
  • 宮崎祐介,片桐麻衣佳,傷害予測研究の現状,2013年自動車技術会春季大会フォーラム(2013)(招待講演)
  • 宮崎祐介,乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)と転倒・転落事故における頭部外傷メカニズム,第192回日本小児科学会群馬地方会,(2013) (招待講演)

2012年度

  • Y Koizumi, Y Nishida, K Kitamura, Y Miyazaki, Y Motomura, H Mizoguchi, "A System for Predicting Unprecedented Injury by Spatiotemporally Superimposing Children's Normal Behavior," Journal of Robotics and Mechatronics, Vol.24, No.5,(2012), 838-850
  • 穴田 賢二, 宮崎 祐介, 丹治 和也, 立矢 宏, 放生 明廣, 阪本 雄一郎,三次元頭部実体モデルによる脳深部ひずみ分布の計測と脳形状因子の影響,日本機械学会論文集A編,Vol.78, No.789(2012),758-769
  • 宮崎 祐介,立矢 宏,放生 明廣,阪本 雄一郎,三次元透過頭部実体モデルによる後頭衝撃時の頭蓋骨・脳間相対運動の可視化,日本機械学会論文集A編,Vol. 78, No. 785, (2012), 106-115
  • Y Miyazaki, M Yamasaki, H Iwase, Y Nishida, T Yamanaka, Violent Shaking Causes Significant Intracranial Brain Motion: A Biomechanical Study Using a Realistically Shaped Physical Model, Twelfths International Conference on SBS/AHT, (September, 2012), (Boston, USA)
  • H. Kakara, Y. Nishida, S.M. Yoon, Y. Miyazaki, H. Mizoguchi, T. Yamanaka, "Development of the Database on Daily Living Activities for the Realistic Biomechanical Simulation," Proc. of The 4th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics (AHFE), pp. 1128-1138, July 2012 (San Francisco,USA)
  • 林 諒, 宮崎 祐介, 元谷 達郎, 加唐 寛征, 西田 佳史. 乳幼児の転倒時における防護反応の動力学的評価, 日本機械学会第25回バイオエンジニアリング講演会, (2013)
  • 川口 哲司, 坂本 二郎, 宮崎 祐介, 多田 充徳, 西村 剛. ヒト幼児およびアカゲザルの示指皮膚の押し込み変形挙動計測, 日本機械学会第25回バイオエンジニアリング講演会, (2013)
  • 村田 一真, 宮崎 祐介, 山崎麻美, 埜中 正博, 西田 佳史, 山中 龍宏. 暴力的揺さぶり虐待と転倒・転落事故における乳児急性硬膜下血腫発生リスクの評価, 日本機械学会第25回バイオエンジニアリング講演会, (2013)
  • 中田雄, 宮崎祐介, 中楯浩康, 青村茂. 脳実質粘弾性特性を模擬した培養面のせん断変形挙動と神経細胞損傷との関係, 日本機械学会第25回バイオエンジニアリング講演会, 日本機械学会第25回バイオエンジニアリング講演会論文集, (2013)
  • 藤田圭伍,立矢宏,内島大作,宮崎祐介,西村誠次,パラレルワイヤ駆動機構を用いた安全な立位バランス能力測定,日本機械学会2012年度年次大会DVD-ROM講演論文集,(2012),J165045
  • 村田一真,宮崎祐介,山崎麻美,埜中正博,西田佳史,山中龍宏,乳幼児の低位転落事故における頭蓋内脳挙動,日本機械学会2012年度年次大会DVD-ROM講演論文集,(2012),J021012
  • 林 諒,宮崎祐介,元谷達郎,加唐寛征,西田 佳史,乳幼児の転倒挙動解析に基づく防護反応に関する研究,日本機械学会2012年度年次大会DVD-ROM講演論文集,(2012),J023011
  • 小泉喜典, 西田佳史, 宮崎祐介, 高野太刀雄, 加唐寛征, 明瀬英行, 溝口博, "社会・生活・生体次元を扱う傷害シミュレーション―日常生活における裂傷リスク評価システム開発の試み―," 第30回日本ロボット学会学術講演会予稿集, 4L1-4
  • 宮崎祐介,乳幼児揺さぶられ症候群と転倒・転落事故における頭部外傷メカニズム,第7回日本機械学会傷害バイオメカニクス研究会(2012) (招待講演)
  • 精密頭部実体モデルを組み込んだハイブリッド型乳幼児ダミーの構築と頭部外傷メカニズム研究への応用,第2回Humanetics CAEテクニカルフォーラム,(2012) (招待講演)
  • 宮崎祐介,力学的手法による乳児急性硬膜下血腫発生メカニズムの検討,第71回日本脳神経外科学会,(2012)(招待講演)
  • 宮崎祐介,急性硬膜下血腫の発生メカニズムとその予防に向けて - 力学的手法によるアプローチ,第5回全国柔道事故被害者の会シンポジウム,(2012)(招待講演)
  • 宮崎祐介,乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)における重傷頭部外傷発生メカニズム,第4回日本子ども虐待医学研究会,(2012)(招待講演)
  • 宮崎祐介,子どもの怪我を深く知り、再発を防ぐ,日本機械学会2012年度年次大会市民フォーラム,(2012)(招待講演)
  • 宮崎祐介,揺さぶり虐待と転倒事故における頭部外傷発生メカニズム~力学的手法による検討~,日本乳幼児突然死・SIDS予防学会,(2012) (招待講演)
  • 宮崎祐介,SBS における硬膜下血腫発生メカニズム,第14回子ども虐待防止シンポジウム,(2012) (招待講演)
PAGE
TOP